淋病について Archives | これって淋病?どうすればいいの?男性編

menu
HOME » 淋病について

淋病について

慢性の淋菌感染症ってある?

淋菌感染症の症状について

淋菌感染症かなと思う症状がずっと続いていたり、病院で治療を受けているのにまた同じ症状が現れたりすると、最初の病気が慢性化したように思えるかもしれません。

そのような慢性の淋病はあるのかというと、あまり多くはありません。

病院で適切な治療を受ければまだまだ治る病気ですし、一度完治すれば症状は出ないのが基本です。

もちろん症状の出方や治療の進み方には個人差がかなり大きいため、慢性の病気のように感じられる場合が絶対にないわけではありませんが、病院で一定の治療を受ければ改善することも多いため、まずは病院で相談するといいでしょう。

『慢性の淋菌感染症ってある?』 の続きを見る

淋菌感染症は保険診療を受けられるのか

淋菌感染症は保険が使える?

淋菌感染症は条件次第で十分に保険適用になる病気です。

病院をきちんと選べば淋菌感染症を3割負担で治療できますから、ポイントを押さえておくといいでしょう。

保険診療の病院を受診しよう

淋菌感染症を保険適用で治療するためには、大前提として保険診療をしている病院を受診する必要があります。

性病を専門に診ている病院やメンズクリニックなどには自由診療のみという病院もあります。

健康保険の使用履歴が残り、性病治療のことが周囲にばれたくない方からよく使われている病院ですが、保険適用を希望する方には不向きです。

淋菌感染症を保険適用で治療したい方は必ず保険診療をやっている泌尿器科や性病科といった病院を受診してください。

保険診療の有無はHPに書かれていることが多いですが、わからないときはその病院に直接問い合わせるといいでしょう。
『淋菌感染症は保険診療を受けられるのか』 の続きを見る

淋菌感染症を放置するとどうなる?

淋菌感染症を放置すると

男性が淋菌感染症になったときの症状は排尿時の痛みや違和感、不快感などのほか、尿道からの膿といったものがあります。
症状が似ているクラミジアに比べて強い症状になることが多く、性器が淋病に感染するとストレスや不快感が強いかもしれません。
この症状を放置するとどうなるのかというと、自然治癒は基本的に期待できませんから、ずっとこの症状が続く可能性があります。

それだけでも十分なストレスとなるでしょうが、さらに悪化して尿道炎以外に前立腺炎や精巣上体炎といった別の病気に発展することもあります。
放置するのはおすすめできません。
症状に気づいたらなるべく早く病院で診察を受けるといいでしょう。
『淋菌感染症を放置するとどうなる?』 の続きを見る

泌尿器科で投薬治療を

下半身の違和感を感じたら泌尿器科へ

最近少しおしっこをするときに痛みがある…、残尿感が続く…、ペニスにかゆみがある…、膿みたいなものが出てくることがある…。

この症状すべて性病の可能性があります。

淋病やクラミジアをはじめとした性病は一度感染してしまうと自然に治ることはありませんので、しっかり治療する事が大切ですから、こういった症状が感じられたらまず泌尿器科を受診して検査を受けてください。

検査は検尿や採血によって行われますが、詳しい内容については受診して診察を受けたときに聞いてみると良いでしょう。

泌尿器科の中にもホームページを持っているところはとても多く、その中には検査内容や治療の進め方を細かく記載しているところもありますし、症状に合わせた検査プランを提示しているところもあります。

性病の検査を受ける場合はできるだけそういったことに詳しい医師のいるところがおすすめなので、まずは情報収集してみましょう。

治療は基本的に投薬治療

性病の検査をした結果、自分が性病であることが発覚したら治療をスタートさせなければいけませんが、基本的に性病の治療は投薬治療がメインになりますので、診察をしたら医師に処方箋を書いてもらってそれを基に薬を処方してもらいます。

院内処方の場合は院内で薬を受け取れますし、院外処方の場合は処方箋を持って薬局へ行き、薬を出してもらいます。

薬は抗生物質を使って菌を殺していくことになります。

また、尿道炎などの症状が出ていることも多いので、合わせてそちらの治療も進めていくことになるでしょう。

治療の進め方はどこの泌尿器科でもそれほど大きな違いはないと思いますが、気になることがあればあらかじめ聞いておいてください。

おすすめの泌尿器科を探す

そして泌尿器科を受診するときにはどこがおすすめなのか探してみてください。

これは泌尿器科に限らずすべての診療科に言えることですが、できるだけ情報収集をしておくだけでも自分と相性がいいところかどうかが分かりますし、失敗のリスクを下げられます。

もちろん必ず相性のいい泌尿器科に巡り合えるわけではありませんが、口コミサイトなどをチェックしてみると、どのような流れで治療を進めて行ったのか、カウンセリングはどんなことを聞かれたのか、医師の対応や看護師の対応、院内の様子や清潔度などもある程度分かります。

参考材料が多ければ初めて行く時でも安心感を持って行けるのではないでしょうか?

泌尿器科で性病の治療を

性病かもしれない…と感じたら

万が一自分が性病に感染したかもしれないと感じたらまずは泌尿器科を受診して自分が性病に感染しているか検査することが大切です。

これは当たり前のことですが、性病にかかっているにも関わらずかなり時間が経過するまで放置しており、症状が進んでからはじめて受診する人もめずらしくないそうです。

ひと言で性病と言ってもいろいろな病気がありますが、一般的によく知られているのは性行為によって感染する淋病やクラミジアでしょう。

淋病やクラミジアはペニスや膣からの感染だけでなく、口や肛門からも感染するので、たとえばセックスしていなくてもオーラルセックスによって感染してしまうリスクはあります。

よく風俗へ行って性病をもらってきた…というエピソードを聞きますが、これはそこで働いている女性が性病の検査を受けていないか、ほかの男性からもらってしまったかのどちらかです。

最近では性病検査を義務付けているお店が多いものの、毎日不特定多数の人を相手にするため、どうしても追いつかないこともあるので注意しなければなりません。

『泌尿器科で性病の治療を』 の続きを見る

性病の検査費用

淋病をはじめとする性病の怖さ

日本ではまだまだ性病に対する意識が低いと言われていますが、最近ではインターネットの普及も手伝っていろいろな情報が入ってくるようになりました。
性病は性行為によって感染することで知られていますが、それだけを知っていても予防できるわけではありません。
たとえば淋病は代表的な性病のひとつですが、感染はペニス・膣・口・肛門の接触によって広がっていきますので、セックスするだけでなくディープキスやオーラルセックスによって感染する可能性もあるのです。
したがってセックスしていないから自分は感染しないと思っていても、たとえば風俗に行ってからペニスがかゆくなってきた、膿が出るようになったという症状が出てくることもあります。
また性病そのものは治療することができますし、抗生物質などの投薬治療をすれば2週間~2か月程度で完治させることは可能です。
しかし治療するためには自分が気付けなければいけませんし、そのまま放置していれば当然症状が深刻になっていきます。

性病の検査費用はいくら?

淋病やクラミジアなどの性病は誰にでも感染するリスクがあるため、定期的に検査を受けることが推奨されていますが、検査費用はどれくらいなのでしょうか?
これは保険適用と適用外で変わってきますが、一般的に保険適用であれば3.000円~5.000円程度、保険適用外であれば8.000円~10.000円程度でできます。
検査は男性の場合は泌尿器科、女性であれば婦人科を受診すればやってもらえますので、気になる人は定期的に検査しておくことをおすすめします。
また、もしかしたら性病かもしれない…という自覚がある場合は速やかに検査しておき、万が一性病が発覚したなら治療しておきましょう。

性病のリスク

性病は放置しておけば自然治癒するわけではありませんし、放置すればしただけどんどん深刻になっていきます。
淋病にせよクラミジアにせよ、そのまま放置しておけばいろいろな症状が出てくるだけでなくHIV感染のリスクも高くなってしまいますし、そうなってしまえば生命の危険にも繋がります。
性病に対する認識をあまり持っていない人は淋病やクラミジアにもそれほど深刻に考えられないかもしれませんが、いろいろなリスクが考えられますので、パートナーがいる人や普段から性的な関係を持つ機会がある人は必ず性病の検査を受けるようにして、それを習慣にしておくといいでしょう。

性病での通院

性病での通院

性病の治療を受けるときに通院は必要かというと、これは必要になる場合も多いです。
性病は病院で一度治療を受ければすぐに完治するとは限りません。
通院が必要になることも珍しくないのです。
たとえば淋病の場合はどうかというと、この治療は抗生物質が使われます。
病院での点滴や注射になる場合もありますし、飲み薬の処方になる場合もあります。
『性病での通院』 の続きを見る

性感染症の感染経路

性感染症はどこで感染している?

淋病は代表的な性感染症となっていますが、ほかにもクラミジア、梅毒など、いろいろな病気があります。
これら病気になりたくてなっている方はおらず、気づいたら感染していたという方がほとんどでしょうが、いったいどこで感染しているのか、注意のためにも知っておきたいですよね。
性感染症の主な感染経路は性的な行為となります。
これを通して感染することが多いですから、性的な行為をするときには病気に感染するリスクのこともきちんと知っておくことが大事です。
『性感染症の感染経路』 の続きを見る

自覚症状がない性病

自覚症状がない性病

性病にもし感染したら一刻も早く治療したい方も多いでしょう。
しかし自分が性病に感染したかどうかは症状が出て初めて疑うことが多いですよね。
もし自覚症状がなかったら感染にもなかなか気づけなさそうですが、実はそのような性病もいくつかあります。
たとえば淋病の場合、男性の性器に感染すると比較的強く症状が出ることもあるのですが、これは個人差もあり、男性でもあまり症状が出ない場合もあるのです。
もしそうなった場合はこれといった自覚症状もないため、自分が淋病に感染したとなかなか気づけないかもしれません。
同じ淋病でも感染部位が変わると同じように自覚症状があまり出ない場合があります。
この病気は喉にも感染するのですが、このときには症状があまり出ないことも多いのです。
やはり感染したことに気づきにくい病気となるでしょう。
『自覚症状がない性病』 の続きを見る

淋菌感染症の症状

淋菌感染症の症状とは

淋菌感染症とは、いわゆる性病の淋病のことです。
なにか気になる症状が出ている場合、それが淋菌感染症なのかどうかが気になりますよね。
男性に起こる症状についてご紹介しましょう。

排尿時の痛み

淋菌感染症の特徴的な症状となるのは、排尿時の痛みです。
トイレで小便をしたときに痛むのです。
痛みにも程度があり、少し痛む程度というものもありますが、性器で起こる男性の淋菌感染症の場合、この痛みは比較的強いこともあります。
排尿時にかなり痛みを感じるときは、それは淋菌感染症かもしれません。
ただ、痛みには個人差がありますから、あまり痛みがない場合もあります。
痛みが軽いから淋菌感染症ではないとは限りません。
人によっては痛みというより違和感や不快感といった症状になる場合もあります。
どちらにしても排尿時に普段はない感覚があるときは淋菌感染症になっている可能性があります。

尿道より出る膿

男性の性器で淋菌感染症が起きている場合、尿道より膿が出る場合があります。
健康時に尿道から出るのは尿と精液のみとなりますが、この病気にかかっているときはそれらと違う膿が出る場合があるのです。
膿はべたべたしていることが多く、一見すると精液のように見えるかもしれませんが、精液が出るようなことが何もないのにべたべたした分泌液が尿道から出ている場合、それは膿の可能性があります。
この膿の色も個人差があるのですが、白、緑、黄色といった色の膿が出る可能性があります。

男性の性器以外の部位で起こる症状

これは男性特有の淋菌感染症の症状ではないのですが、この病気は喉や目にも感染します。
性器がこの病気になっているとき、喉や目など別の部位に感染する恐れもありますから、こちらも確認しておくといいです。
喉に感染した場合、起こるのは喉の痛みや違和感、不快感、微熱といった軽い風邪のような症状となりますが、まったく症状が出ないこともありますから注意が必要です。
目に感染した場合、瞼の腫れ、充血、クリーム状の目やにといった症状が出ます。

症状に心当たりがあるときは

男性の淋菌感染症の症状についてご紹介しましたが、もしこれらに心当たりがある場合、実際に感染している可能性もありますから、早めに病院へ行きましょう。
受診時には検査が行われますから、それで自分が淋菌感染症かどうか、はっきりとわかります。
もしそうだとわかったら治療を受けられます。
医師の指示に従って治療を進めれば十分に治せる病気ですから、早めに受診してください。
受診先は性病科、泌尿器科、眼科などとなります。